日焼け止めとファンデーション

日焼け止めが入ったファンデーションっていいですよね。
お化粧の際、日焼け止め塗って、化粧下地塗って、ファンデーションって・・・大変。

 

塗る順番も色々あるみたいですが、そもそも日焼け止めが入ったファンデーションで化粧下地もいらないなんてのがあったらいいですよね。
そしたら、よれる事もなくなりますし。

 

そこで、日焼け止めが入ったファンデーションを探してみました。
けど、ファンデーションだと日焼け止め成分が弱かったり、化粧下地を塗らなくちゃいけないので、結局よれたりしちゃうんですよね。

 

そこで、もっと他にないのかなと思ってた時にCCクリームを思い出しました。

日焼け止めが入ったCCクリーム

 

CCクリームって知ってますか?

 

CCクリームは美容液、クリーム、日焼け止めなどが入っていて、化粧下地やファンデーション代わりにできるクリームなんです。なので、CCクリーム1本で化粧の土台ができあがります。

 

1本で済むという事は、悩みだった塗る順番。人によって肌によってそれぞれ違っていましたよね。
でも、CCクリームなら、そんなのは関係ありません。

 

だって1本にすべて入っているんだから順番も何も関係ないですよね。
しかも、美容成分や日焼け止めも入っているので、重ね塗りもせず、よれる事もなく1日を過ごせるクリームなんです。

 

そして、重要なのが日焼け止め成分。
私は夏も冬もとにかく日焼けしたくない人なので、日焼け止め成分が国内最高値のSPF50+が入ったCCクリームがお気に入りです。

 

ファンデーションの代わりになる?

 

とはいっても、CCクリームはファンデーションと違うでしょうと思う方いると思います。

 

CCクリームは化粧下地の代わりとして使っている人が多いと思いますが、ファンデーションを塗らず、CCクリームのみでも大丈夫です。
特に最近では、カッチリメイクよりもナチュラルメイクの人、多いと思います。

 

CCクリームは塗る事で光の反射ができ、その反射を利用して人間の目を誤魔化す、錯覚させてお肌を綺麗に見せるんです。
光の反射で、お肌のトーンがあがり凹凸ができる。なんか魔法みたいですよね。

 

しかも、美容成分がしっかりお肌になじむので、シワなどの予防にもなります。


おすすめの日焼け止めファンデーション

SPF50+ PA++++

一般的に日焼け止めは数値で表され現在の日本国内最高値はSPF50+PA++++となります。
とにかく、焼けたくない!日焼け止め成分が多く入ったCCクリームが欲しい方におすすめです。

 

米肌  「澄肌CCクリーム」

 

私の1番のおすすめはコーセーの米肌シリーズから出ている澄肌CCクリームです。

 

毛穴をしっかりかばーしてくれて、夜までよれず1日綺麗なままキープしてくれるので私には合っているんです。

 

もちろん美容成分もたっぷり入っていて、ファンデーションとして使いながらお肌もしっかり綺麗にしてくれるのでいいですよね。

 

SPF50+PA++++ 
やや明るい自然な肌色 普通の明るさの自然な肌色

 

 

 

ノンケミ多機能ミネラルCCクリーム 「LANOA」

 

敏感肌の方におすすめのノンケミカルの多機能ミネラルCCクリーム

 

お肌に優しく、合成香料不使用、鉱物油不使用、タール色素不使用、パラベン不使用、紫外線吸収剤不使用なんです。
CCクリームとフェイスパウダーがセットになった定期便があり、フェイスパウダーも一緒に使っているので、一日中崩れずに過ごせてます。

 

SPF50+PA++++ ノンケミカル
ピュアナチュラル(明るめの肌色) ピュアオークル(自然な肌色)

 

SPF?PAって何?

日焼け止めを買う時に気になるのが、SPFやPAですよね。
数値が高い方がいいとか、+が多い方がいいみたいってのは知ってるんですか詳しくはよくわかりまんよね。

 

そこで、このSPFやPAっていったい何なのか調べてみました。

  • SPFとは

サンプロテクションファクターといい、紫外線を防御する値を数値で表したものだそうです。
外出して太陽の下、紫外線を浴びると皮膚が赤くなります。

 

その際、紫外線を浴びてから皮膚が赤くなるまでの時間を示したもので、数値が高いほど、紫外線で焼けるまでの時間が長くなるというものみたいです。そしてSPFが示している数字の単位は時間にして大体20分になるそうです。

 

例えば
SPF50 → 20×50=1000分=16時間40分
SPF30 → 20×30=600分=10時間
という感じです。

 

という事は、SPF50もいらないじゃんってなると思いますがそうではなく、日焼けにかかる時間って人それぞれですよね。
肌の質感も違うし、メラニンもちがうと思います。

  • PAとは

プロテクショングレイドオブUVAといい、肌が黒くなるのを紫外線から守るという事だそうです。
PAには4段階で表されていて、+が多くなるほどお肌が黒くなるのを防いでくれるという事になります。

 

4段階
PA+ PA++ PA+++ PA++++
現在国内最高値として表示できるのはPA++++までとなってます。

 

私は夏の紫外線が高い時はSPF50を使い、冬などの時期にSPF30あたりを使うようにしています。
これも、SPF値が高いと皮膚のダメージもひどくなるので、冬の間はお肌を休ませると意味を込めてそうしています。

 

そして、PAについては、なるべく+が多いのを選んでいます。
とはいっても、今まで見てきた日焼け止めがついたファンデーションやCCクリームなどはSPFが高ければPAの+も多く、SPFの数値が少なくなるとPAの+も少なくなるみたいです。

日焼はイヤ!でも日光浴は必要?

 

日焼けって悪いイメージがありますよね。特に最近は全身に日焼け止めを塗って日傘をさして完全防備している人多くみかけます。人間は基本的に太陽光を浴びて身体を作ってくれます。

 

陽を浴びる事で体内時計を調整してくれるなんて話は聞いた事があると思います。
人間は昔から陽が出て起き、陽が沈むと寝るという行動してきた生き物です。

 

それに、骨を強くしてくれる効果もあります。骨にはカルシウムといいますが、カルシウムだけではなく陽を浴びる事でビタミンDを作ってくれます。このビタミンDが骨の形成には大事なんです。骨粗鬆症予防のためにも、しっかりと陽を浴びましょう。

 

最近では精神や心身の病気が増えています。陽を浴びる事で幸せホルモンが出て鬱などを予防してくれと言われいます。
このように、陽を浴びると良い事も多いのがわかると思います。

 

確かに、白い肌で綺麗にいたいとおい気持ちもわかりますが陽を浴びな過ぎても体に影響があると覚えておいてください。
そこで、効果的に陽を浴びるにはどうしたらいいのでしょうか。

 

日焼をしたくないという事を前提にすると、私は手の平を太陽に向け太陽光を吸収します。どういう事?と思うかもしれませんが、日焼け止めを塗っていない手の平を太陽に向ける事でそこから太陽光が入り日光浴と同じ効果があるんです。

 

日焼け止めでしっかりガードして、日傘さして手の平は日光浴。これ私の日光浴スタイル。時間は10分くらい。毎日駅までの通勤時間を利用してやっています。
陽の光は直接あてなくてはいけないのでガラスごしでは意味がありません。電車の窓際に座ってやってもダメなので、必ず外でやっています。